調停離婚しました!~シングルマザーakariの日記~

弁護士費用150万円払ってモラハラ夫と調停離婚したリアルな体験談。その後の恋愛・美容、なんでも語ります

MENU

育児

【ペアレント・トレーニング】第一回講座内容

5~6歳児の育てにくさを抱える親を対象とした講座。 「ペアレントトレーニング」 その講義に出席してきました。 第一回目の内容を覚えている限り書き出したいと思います。

ついに我が家にも来た

ついに我が家にも・・・やってきました。どんなに気を付けていてもダメでした。 幸い重症化しませんでしたが、やはりつらい1週間でした。

育てにくさを解消?【ペアレント・プログラム】

育てにくさを感じる子の親を対象としたペアレント・プログラム。 その講座ではこんなことをします。 今回はまず始めにやることを書いてみました☆

「マイナス×マイナス=プラス」にならない子育て

子どもへの効果的な声掛けとは? そしてNGの声掛けとは? マイナスマイナスの声掛けとは?そしてこれは子どもにとってどう伝わるのでしょうか。

子どもに「走っちゃダメ」は良くない声掛け?

「走っちゃダメ」 そこらじゅうで聞こえるこの言葉。 一体どうしてよくない声掛けなのでしょうか? そしてどんなふうに言えば効果的な声掛けとなるのでしょうか?

うまれてはじめて「肩」・「教育委員会」

本日生まれて初めての経験を2つした。 ひとつはくだらないことで肩が上がらない、なのだが、もうひとつは重大なこと。 子どものことで教育委員会に相談、だ。

アクアビーズ・水でくっつくビーズ【モンスターボール図案】2

アクアビーズで作るモンスターボール図案を増やしました。 サイズの問題で色の配置がうまくいかないものもありますが、”なんとなく”作ってみました☆☆☆

「paypayごっこ」ってなんやねん。

子どものあいだで「paypayごっこ」なるものが流行っているらしい。 一体なんだ・・・??? 私の時代には考えられない遊びが出てきたモンですな。

鼻からの抗原検査、なんとかならないですか?

最近は熱があるとまず「検査」検査、検査、検査・・・ それも鼻腔。痛いのよ、子どもかわいそうなのよ、なんとかなんないの!!!

ペアレント・プログラム第3回 困った行動の中にある”良い行動”を見つけて,,,

ペアプロ3回目。 困った行動の中に隠れていた「良いところ」を見つけ、それをどうするか? が、今回の内容です。 子どもが良い行動をとったとき、どうしたらいいのでしょうか?

ペアレント・プログラム第2回講座内容 驚きのポジティブシンキングが鍵です

育てにくさ解消プログラム、 「ペアレント・プログラム」。 その第二回の講義内容とは・・・? 驚きのポジティブシンキングがカギです!

【ペアレント・プログラム(ペアプロ)】とは?捉え方を変える練習をします

子になんらかの育てにくさを抱える親を対象とした講座、 「ペアレント・プログラム」を受けました。どんな講座だったのか、簡単にまとめました。

ペアプロ・ペアトレという言葉を知っていますか?

ペアプロ・ペアトレという言葉を知っていますか? 育てにくい子どもを持つ親を対象とした子育てプログラムです。 参加した私が得たのは・・・

子どもにスマホを見させなかった結果⇒視力は???

子どもを眼科に連れて行ったついでに視力も測ってもらった。 1.5という結果に私は大喜び。 自分の努力が少し実った・・・そんな気分です。

GAPの子供服、実はユニクロより安く買ってます

子どもの洋服を1番購入するのが「GAP」です! 理由は安くて褒められるから。 実はセールなどを利用するとけっこう安く買えるんです☆

子ども用歯みがき粉「ブリアン」を3年使った感想

”虫歯が出来ない”といういうウワサの子ども用歯磨き粉をご存知ですか? 使い始めた当時、ケーブルテレビの子ども用チャンネルでしきりに放送してため高価でしたが3年使ってみました。 その結果は・・・???

子どもの夏休み長すぎ問題について

夏休み、子どものときから思っていたが、長い。 それは母となってからより一層強く感じる。 これだけ暑く、コロナも蔓延している世の中で、どう過ごしたらいいのだろうか。

「お母さん、頑張ってますよ」ひとり親の育児

「お母さん、頑張ってますよ」 この言葉、離婚してから言われることが増えたのですが、 それってひとり親だから? 父親もいたら頑張ってるって思われない?そんなくだらないことが気になったのでした。

面会交流調停で必要になったもの。

私が面会交流調停において、提出した資料はこのようなものです。 人によって違いはあると思いますが、紙に記録として残っているもの全てとお考えください。

行かなきゃよかった父親参観

ついに来てしまった。 父の日にあわせて行われた「父親参観」 これを休んだら負けだと思っていた私。結果、行って負けたと気付く情けなさ。ひとり親家庭へ、もう少し配慮のある社会となることを願っています。

子どもを叱ってしまう自分が嫌。

子どもを叱ってしまう自分が嫌。 この子は私を試しているの? どこまでやったら怒るか見てるの? そうとしか思えないことが続き、自己嫌悪に陥ってます。 ま、誰にでもそんなときはありますよね。

「父親参観」という行事が憎くて仕方ない。

憂鬱な時期が来た。「父の日」である。 離婚した私の子どもは父親と住んでいないし、記憶もない(らしい)。 その父の日にあわせて行われる「父親参観」という行事が憂鬱で仕方ない。

マスクに見る、子どもの格差社会

子ども達のマスクを見ていると実にいろいろで、そこから生活実態について考えざるを得ない。 これをマスクに見る子どもの格差社会とでも言うのだろうか。

子どもがモラハラ加害者になるよりも、被害者になることを恐れるようになってしまった

子どもはどんな人間に育ってほしいか? 優しくて、思いやりがあって、そして幸せだと自分で感じるような人生を送ってほしい。 それが正解なのかわからなくなってしまいました。

子どもが人のものを取って、何も言わない親は、

先日、子どもが友達と遊んだとき、 おもちゃを盗られた ということを前回の記事で書きました。 交換しよう、と誘われたのにひとつも交換してくれることなく、 我が子が自分のコレクションを出した途端、目の色変えて盗られました。 (被害総額3000~4000円分…

子どもが友達と遊んだとき、どうしても納得出来ないことがあった

先日、子どもが友達と遊んだときのことです。どうしても納得出来ないことがありました。 子どものおもちゃを盗られた ことです。 子ども同士の問題ではありますが、親としても黙っていられず・・・

プライバシーポリシー お問い合わせ