調停離婚しました!~まだまだ離婚戦争中~

弁護士費用150万円払ってモラハラ夫と調停離婚したリアルな体験談。その後の恋愛・美容、なんでも語ります

MENU

離婚調停で【婚姻費用について】聞かれること。いつからいくらかを明確にする

離婚調停で【婚姻費用について】聞かれること。

 

調停で聞かれることシリーズ

①離婚の意思

②親権を主張するか

③養育費について

 

 

今回は、

婚姻費用の話し合いで聞かれること

です

 

※婚姻費用(こんいんひよう)は通称:こんぴ

調停委員さんも弁護士さんも当たり前のように「こんぴ」と話しますので、初めて聞く方はお気を付け下さい☆

 

婚姻費用とは・・・別居中の夫婦が片方がもう一方に支払う生活費。収入の多い側が少ない側に支払う。どちらが出て行ったかはほぼ関係ない。

よほどどちらかに有責な別居でない限り、収入の少ない側は請求出来る。(よって主に女性側が請求することが多い)

 

 

 

 

婚姻費用の請求では、収入の少ない方が、

  • 婚姻費用をを請求するか
  • 月額いくらか
  • (月額の希望額に対する双方の収入などの証拠)
  • 支払始期(しはらいを始める時期)はいつからか

ということを聞かれます。

 

支払始期(しはらいしき)は夫婦双方の話し合い又は、話し合いで決まらない場合は審判で裁判官が決定してくれます。

支払いは基本的に離婚するまで続きます。

 

 

月の途中で離婚した場合、(ほとんどの人はそうだと思いますが)例えば10月20日で離婚した場合、

 「10月は婚姻費用にして、11月からは養育費とする」

となる場合も、

 「婚姻費用は9月までにして、10月からは養育費とする」

となる場合も、

 「婚姻費用を10/20までの日割りに。養育費も10/20からの日割りに」

 

という場合もあります。

※うちのモラ夫は、少しでも安くなるほうにしたかったようで真ん中のパターンを希望してきたので承諾しました。)

 

 

 

なので

  • 婚姻費用を月額15万円を
  • 2021年2月から

請求します!!

 

と、このように具体的に主張します。

 

もし別居日が2021年1月15日だったとします。

それまで一緒に生計を立てていたその場合、支払いを1月からか2月からにするかは考えどころだと思います。

1月にすると、相手の気持ちを逆なでして、ただでさえ払うつもりのないモラ夫に

 「何が何でも払わないぞー!」

などという気持ちを起きる可能性が高いです。

 

相手がDV体質の場合、別居の翌月から請求・・・が個人的には良いのではないかと思いました。(経験を通して)

「おい、1月っつったって半分は俺のカネで食ってたんだろ?そんで1月分の生活費要求ってどんな神経なんだ。おい、筋通せよ!筋!!」と言われるでしょう。)

 

 

モラハラ男研究中

モラ男の好きな言葉に「筋を通せ」というものがあることを発見しました。笑

研究発表日2021.10.20

 

 

2月にしたら?それでもまず渋りますね。

とにかく別居してるのにお金を渡すことを渋ります。

いくら調停委員が説得してもダメだそうで、そこまできたら審判にお任せしたほうが良いかと・・・

審判に移行した・・・と言う記事はこちら

 

 

まず、出て行かれた意味がわかっていないですから。モラ夫は。

全て相手にしていると進む話も進まなくなりますから、ある程度の暴言は割り切って下さい。調停委員さんは相談にはのってくれませんが、公正な金額の提示したほうを指示してくれます。

 

証拠は養育費のときと同じで、互いの収入です。

養育費と少し違うのは”将来的な”金額は考えず、”今現在の収入”ということです。

だって今の生活費が欲しいんですから。

(互いの収入についての考え方についての記事はこちら→「養育費ってどうやって決めるの?」

 

離婚したあとの養育費とは訳が違います。

 「お前もっと働けんだろー!」とかも気にしないで主張してください☆

 

応援しています!

 

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

いつも励まされています。ありがとうございます。

akari

 

次の記事は財産分与についてです。

 

www.akari-star.com

 

 

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
にほんブログ村

 


DV・モラハラランキング

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ