調停離婚しました!~まだまだ離婚戦争中~

弁護士費用150万円払ってモラハラ夫と調停離婚したリアルな体験談

MENU

モラハラ夫との離婚調停で聞かれること。具体的なエピソードも?

モラハラ夫との離婚調停で聞かれること。具体的なエピソードも?

 

モラハラ夫との離婚調停で聞かれること

 

 

配偶者のモラルハラスメントモラハラを理由に離婚をしたいと考える方も多いと思います。

 

私もそのひとりでした。

 

 

同じようなことをいつも言っていますが、

  • モラハラ野郎とは話が通じない!
  • いつも罵声を浴びせて威嚇する。

 

こんなことで困ってる方も多いですよね?

 

私も常日頃から自分が気に入らなきゃ大きな声を出して黙らせる、こんな夫との生活に怯えていました。

 

そこで調停を申立て、いざ調停となりました。

申立書の離婚を希望する理由には

   ◎配偶者が精神的虐待をする

に二重丸をつけて提出しました。

 

 

では調停では一体どんなことをモラハラの事実として話し、どんなものを証拠として提出し、調停委員さんに伝えるでしょうか?

※調停ではモラハラとは言わず、「精神的虐待」と言います。

 

 

答えは

何もなし

でした。

 

 

 

びっくりです。

私もどのエピソードが簡潔でわかりやすく且つ相手を強く刺激しないか・・・といろいろ考えていました。

 

結論は現実的なエピソードも聞かれず証拠の提出も求められませんでした。

調停は4回行いましたが1度も聞かれませんでした。

 

 

調停委員さんは慣れています。そして話を聞くことが仕事ではなく、合意点や妥協点を見つけて調停を終わらせるのが仕事です。

余計な話はいらないようです。

 

・・・というか調停を重ねるごとに「あ、この男やばいな、モラハラだな」と感じるようです。

何というか”出方”みたいなものに共通点があるんでしょうね。

 

 

そんな訳でモラハラの証拠は(私の場合は)提出には至らず、聞かれもしませんでした。

以上、モラハラ夫との離婚調停で聞かれること」でした。

 

 


DV・モラハラランキング

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ